アレルギーの一つ

アトピー性皮膚炎は、多くの幼児がかかります。
最近増加傾向にあるとされています。
現代病とされている一つで、現在高齢者の中で、アトピー性皮膚炎にかかっている方は少ないでしょう。

ということは、昔はなかったもので便利な社会になってから起こってきた病気ともいえますが、歴史は古く1930年代から知られている病気です。
その原因はこれというものがなく、アトピー性皮膚炎のアトピーとい言葉もギリシャ語で奇妙という意味を持っています。
すなわち、奇妙な病気、奇妙な皮膚炎とされています。

ですから、特効薬もなく、現在も対症療法しかないのが実情です。
ただ、アレルギー疾患の一つであることは確かです。
あるものに対して過剰反応をしてしまうアレルギー。
その対症療法は、過剰反応をするものを取り除くことが必要です。

アトピー性皮膚炎の場合は、その過剰反応をする物質が多く、身近なものばかりでそのまま続けてしまうと、皮ふに異常な反応が見られることになります。
痒い、痛いといった症状に悩まされる、それが思い子供が対象であることから、深刻な病気として取り上げられることが多いです。

皮ふの病気であれば、軟膏などで対処し、アトピー性皮膚炎も同じですが、それは単に湿疹などを消すだけのことであり、根本的な解決に至らない所に、アトピー性皮膚炎が困った病気であることが指摘されています。
病院としても、どうしようもない、様子をみましょう、解決法がないという診断にすぎないのが現状です。

Copyright © 2014 アトピー性皮膚炎を治す方法 All Rights Reserved.